簡単にできる「酢漬け」の調理と食べ物

日本には発酵文化というものがあり、その代表的なものに漬物文化というのがありますね、糠漬け、味噌漬け、醤油漬け、塩漬け、其れに「酢漬け」というものもあります。 ただ、酢漬けと言ってもお酢(醸造酒)そのものをに漬けるのではなく、大抵は甘味をつけた甘酢にした状態で漬けるのが一般的です。 何れも酢漬けは手間なく簡単にできるのがいいですね。

酢漬けが簡単にできる主な材料としては勿論、野菜系が、其れも根菜系が好まれますが、ときには海鮮類や魚貝類の酢漬けもあるようで、実は我が家では青魚のイワシやアジ、サバ其れにサンマなどを酢漬けにして一時保管して処理して食べます。

ただ、野菜類の酢漬けは24時間も経てばサッパリ美味しく直ぐにでも食べられますが、魚の場合は生きの良さそうなのはそのままで食べますが、チョットでも鮮度が落ちたら火で炙るか、油でサーーと揚げて食べます。 何れもサッパリとして簡単にできるのがいいですね。

因みに、酢というのは酢酸の効果による防腐性がありますし、まして、其処に砂糖や味醂系が含まれますので更に効果が高まります。 其れに酸味による食欲を増進させるという効果もあるのです。 特に、夏の間の食欲不振や体力の減退には、サッパリした栄養効果もある酢の食べ物や酢漬けの漬物はいいですよ。 保存が効くので食卓の上に常備していれば簡単に食べることも出来ますね。